遺品片付け・整理、清掃

生活、暮らし By futahata

大切な家族や親族のお見送りしたあと。行わなければならないことの一つとして、故人が残した遺品の整理があります。

遺品には生活用品や家具や電化製品、財産となる高価なものまで、さまざまな種類のものが含まれており雑多です。

またご遺族が片付けを行う場合、お見送りをした後ということでもあり、身体的、精神的に負担のかかる作業です。

自分たちで片づける方法以外にも、遺品整理の専門業者に依頼する。という選択肢があります。

遺品の整理屋さん



遺品整理とは

遺品整理は、故人が死後遺されたものを、遺産となり相続するもの、形見分けのもの、廃棄するものに分ける作業のことです。

本来であれば、ご遺族の気持ちが落ち着いて、親族がそろうタイミングで行うことが好ましいのですが、故人が賃貸住宅に住んでいる場合など、期限に制限が係ることがあります。

期限に定めのある状況

故人が賃貸住宅に1人暮らしをしていた場合は、物件を明け渡さなければならないため、遺品整理をそれまでに終えておく必要があります。

その場合、亡くなったあとの月末か翌月末まで契約をしておき、遺品の整理を行うことが多いようです。

他にも、故人が所有する不動産を相続し売却する場合、事前に遺品を整理して空っぽにしておく必要があります。

期限に定めのない状況

故人が持ち家に住んでいた場合など、すぐに住居を片付ける必要がない場合は遺品整理を急ぐ必要はありません。

しかし、親族に相談せずに勝手に片付けるのは、トラブルの元になるので配慮しておく必要があります。

四十九日や百日法要、1周忌など、一同が集まる際に、遺品整理の話合いを行うのが、一つのタイミングと言えます。

他のタイミングとしては、遺産相続手続きや、保険・年金・所得税などの手続き
を終えてから、遺品整理を開始するのもタイミングの一つと言えます。

遺品の整理は、特段の事情がない限り、取り急ぎ行う必要はありません。ご遺族の気持ちが落ち着いたころ、整理を始めるのが最適なタイミングと言えるかと、思います。

自分たちで遺品整理を行う場合

遺品整理は、それまで生活していた方の、様々なものを片付けることになります。

事前に準備をして、ある程度計画を立てておかないと、作業がほとんど進まず時間だけが経過することになりかねません。

3人程度の人出と、ある程度集中して作業できるようにスケジュールを組むようにしましょう。

道具の準備

作業しやすい服装

マスク、軍手、スリッパ(人数分+予備)

段ボール

梱包資材(ガムテープ、紐など)

ごみ袋

カッターやハサミ

ペンチ、ドライバーなどの工具

軽トラやワゴン車などの運搬車両(ここだけ専門業者に依頼することも可能)

遺品整理

遺品整理は、それまで生活していた方の、様々なものを片付けることになるため、まず幾つかに分類することから開始するとスムーズにいきます。

貴重品や、思い出の品など形見品

リサイクルできるもの

不用品として処分するもの

貴重品や、思い出の品など形見品

貴重品としては以下のものが挙げられます。

通帳

クレジットカード

土地の権利書など不動産関係の書類

パスポート

年金手帳

健康保険証

有価証券

貴金属(宝石や美術品、骨董品など)

以上の品物を整理するには、法的な手続きが必要になってくるため、まずまとめて段ボールなどに保管し、他の片付けが終わった後に、親族で話し合って整理するようにしましょう。

思い出の品や形見品は、あれもこれもと、取って置くと整理にならないため、予めある程度処分する方針にして整理を開始するのがコツになります。

故人の愛用していたものや、故人を思い出せる写真など、親族に分配できる分だけ残す。といった感じです。

リサイクル可能なもの

リサイクル可能なものとしては以下のものが該当します。

テレビ、洗濯機、冷蔵庫、パソコンなどの稼働可能な家電

家具

鍋や釜などの金属類(銅、アルミ、ステンレスなど)

衣類

古紙、古布、プラスチック類

不用品として処分するもの

上記にあげた、貴重品、形見品、リサイクル可能な品以外の物が、処分する不用品となります。

各自治体の分別に沿って仕分けましょう。一般的なゴミ分別は以下の通りです

燃えるゴミ(紙、革製品、ビニール、小物家具、その他)

燃えないゴミ(せともの、金属類、電球、スプレー缶など)

粗大ゴミ(大型家具、リサイクルの義務付けられていない家電、布団など)

ゴミとして出せない不要品(リサイクル家電、消化器、金庫など)

和歌山・大阪・奈良エリアで地域密着ご対応【エコジロー】

整理した遺品を処分する

リサイクルショップや回収業者に引き取ってもらう

リサイクルショップで買取が可能なのは、製造から5年以内の家電、一部の高級家具、着物やブランドの衣類です。オークションサイトに出品するという方法もあります。

銅、アルミなどの金属、非金属、古紙、古布、プラスチック類などは専門の業者に買い取ってもらうことが出来ます。

ゴミとして処分する

分別された不用品はゴミとして、各集積所に回収日時を確認して出すようにします。また自治体に依頼して粗大ゴミを回収してもらいます。

量が多い場合だと、自分でゴミ処理センターに持っていく方が効率が良いこともあります。

不用品回収事業者に依頼する

不用品回収事業者に依頼して、不用品をまとめて引き取ってもらう方法がもっとも手間がかからず、楽な方法と言えます。

大量の遺品の分別は、大変体力を使いますし、処分方法もそれぞれ面倒な手続きが必要なケースもあり、相当時間のかかる作業です。

遺品整理の代行を行っている事業者に依頼すれば、分別等にも頭を悩ませることはありません。

不用品片付けセンターAチーム【どんなモノでも即日対応,年中無休】

遺品整理を専門の業者に依頼する場合

良い業者を選ぶポイント

遺品整理士が在籍しているか

遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している民間資格です。

遺品整理士になるためには、特に資格は必要ありません。誰でも看板を掲げればすぐに遺品整理業を始めることができます。

そのため、近年の高まる需要から、安易に遺品整理業を開業する技術力に乏しい事業者や、法外な料金を請求する悪徳事業者も増えてきているという実情があります。

そこで「遺品整理業界の健全化」を目的に一般社団法人遺品整理士認定協会が立ち上げられ、遺品整理士養成講座を運営するとともに、認定試験が実施されています。

資格を持っているかどうかが、優良事業者なのかどうかの判断材料の1つになります。

訪問見積もりの応じてくれるか

訪問見積もりに応じてくれない業者は追加請求などの悪徳行為を行う可能性があります。見積もり書を出してくれる・あいまいな点がなく、納得いく説明をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

見積もり書の記載が明確か

見積もり書の内訳をチェックしましょう。具体的には作業内容・金額に細かな記載がなされているか確認しましょう。必要な作業が過不足なく含まれているかもチェックポイントです。安いだけで決めると当日にやってくれると思っていた作業をしてくれない・物によっては回収できないといったトラブルに巻き込まれるケースがあります

不用品を適切に処分しているか

遺品整理で出た不用品は一般廃棄物として扱われます。したがって、その回収・運搬・処分には「一般廃棄物収集運搬許可証」という免許を持っているか、免許を持っている別の業者に作業を委託している必要があるのです。

この免許を持っておらず、また別の業者に委託もしていない場合には、不法投棄をしている可能性があります。

対応が丁寧か

電話での対応や訪問見積もりの際の対応が丁寧かどうかも確認しましょう。

強引に契約させようと迫ってきたり、細かく説明してくれなかったりする業者は候補から外します。また明確な料金体系がない業者についても、他社と比較してから決めたほうがよいでしょう。

相見積もりをとる

最初から業者を1社に絞ってしまうと料金やサービス内容を比較できません。2社以上に相見積もりをとって、料金・サービスを比べてみましょう。

遺品整理代行の流れ

1.相談・問い合わせ

遺品の整理・片付けについて、電話やメールで連絡し、部屋の広さや間取り、作業時間や捜索品の有無など概要を伝えます。

2.現場にて、見積もり・打合せ

現場へ事業者に来てもらい、部屋の広さなど条件を確認し改めて、見積もり・打合せを行います。

契約が成約

3.作業が開始

形見分け品と供養品、リサイクル品など、整理した品を分けて梱包し、見積内容に基づいて作業がなされます。

条件によりますがワンルームの場合2~3時間、2LDK以上になると6~8時間かかるのが平均的になります。

4.清掃作業

整理作業が終わった後は、清掃作業を行います。

床・水回り・ベランダなど、必要な箇所は全て掃除をして綺麗な状態にしてくれます。

においが残ってしまうような場合には、特殊清掃・消臭対策が行われます。

5.作業報告・完了

作業が終了し、見つかった貴重品や写真・手紙などを渡してくれます。

整理した遺品や部屋・現場の状態などを確認し、問題なければ作業完了となります。

料金相場

遺品整理の料金の目安は、部屋の広さに応じて変化し、部屋が広いほど料金が高くなっていきます。

1Rや1Kの部屋:30,000円~80,000円

1DK:50,000円~120,000円

1LDK:70,000円~200,000円

2LDK:90,000円~250,000円

3DK:150,000円~400,000円

3LDK:170,000円~500,000円

4LDK:220,000円~600,000円

目安としては以上の通りですが、遺品の量が多かったり、ごみ屋敷のような状態であったりすると、料金の額も大きくなっていくため注意が必要です。

また、遺品整理後の本格的なハウスクリーニングや、ピアノなどの運搬に手間のかかるものの処分、エアコンの取り外しなどの作業を依頼すると、オプションサービスとして追加で料金が発生します。

遺品の整理屋さん


カテゴリー:生活、暮らし
タグ:ごみ屋敷、清掃作業、産業廃棄物

futahata